0049 0006
0003 0001
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-03-07

タイトル WBC始まりました。プロ野球ももうすぐ始まります。さて、今回は・・・

内容 先日からWBCが始まりましたね。日本チームも侍JAPANと銘打ってまずはアジアのチームと戦っています。
そして予選とはいえ、今夜宿命?のライバル、韓国チームと戦うようです。

日本の寂しい宿命なのですが、あくまでも一つのスポーツとして戦おうという日本の選手の意識と違い、韓国を筆頭にアジアの各国は選手の意識にナショナリズムが濃厚に反映された状態で戦ってきますから、いつも厳しい試合になりますね。

選手だけでなく国民の意識にも日本にだけは絶対に負けない!という意識(あるいは感情)が強いですから、アウェイ戦の時などはこちらも命がけにならないと・・・。
まあ、戦後60年を過ぎてるとはいえ、未だに日本に対しての根強い反日教育の成果・・といったところでしょう。(そうされる様なことも日本はしたのでしょうが)

でも、オリンピックの時といい今回といい、特に野球チームを見ていると、選手の総合力は日本が一歩抜き出ているように見えますが、精神的な部分では彼等の方が上の様な気がするのです。
オリンピックの時などは、見るも無残な有様で、戦う前から結果は見えていたような気がします。

特に仲良しクラブの監督やコーチがいたら、あんな風になるんですよ。
マスコミ向けの吹聴だけはいっぱしに精神論ぶちあげて、実際には「なんとかせい!」方式だけの空砲では、現代の選手は委縮するだけで結果は残せませんよ。

WBCではオリンピックの二の舞を繰り返してほしくないですね。
原監督の“運”にかけましょう。持って生まれた“運”に。
ただ、今日は・・・勝てないかもしれませんが。。

アジアの各国が遮二無二日本に敵対心むき出しで挑んでこようと、日本チームは野球というスポーツとして、スマートなプレイを見せてほしいものです。

ただし、その血には歴史ある侍魂が脈々と流れていることを忘れないでほしいですが。イチローのように。。
イチローは、一度負けてから本気を出しますから。笑。

ところで、あの、MLBの独断ルール・・・なんとかできないもんですかねー。
突出した選手(投手)持ってないから、連投出来ないルールにしくさって。。

フリールールなら、日本には、神様・仏様・稲尾様、、、がいるんだけどねー。 おいおい。。  by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved