0028 0046
0016 0002
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-03-24

タイトル WBC制覇!侍ジャパン優勝おめでとうございます。

内容 侍ジャパンのみなさん、お疲れ様でした。
優勝おめでとう。そしてありがとう。

今日ばかりは彼等日本代表のみなさんに賛辞を送りましょう。
試合を観戦していた方にとっては本当に重い試合展開になりましたね。序盤あれだけチャンスを作りながら得点に結びつかないと、一発に泣かされると思った矢先のホームランでした。
岩隅選手が好投していただけにいやな予感が漂っていたのですが。

終盤にまさに悪い予感が的中してしまいました。
しかし、最後はやはりイチロー選手が決めてくれました。
いやあ、カッコいいですねー、彼は。日頃クールを装っていますが彼ほど熱い男はいないんですね。

監督自身も認めている指揮官の戦略戦術面の無能さを、これほど選手たちがカバーした試合は、日本人のプロ選手の能力の高さとしか言いようがないですね。

決勝戦で韓国チームに勝ってくれた事は、マウンドに国旗を立てられたあの試合を見た日本国民にとって、まさに溜飲を下げた思いです。
これでしばらくは安心して国内のプロ野球に専念できそうですね。

そう、さっきまでともに戦ったチームメイトはまた明日からそれぞれの所属する球団に帰り、今度はライバルとしてまたそれぞれの目標に向かって過酷な日々にチャレンジするわけです。
今日までライバルとして戦った様々な国の選手と明日からはまたチームメイトとして共に戦う選手もいるでしょう。

これこそが純粋なスポーツの世界なんですね。どうか、参加したすべての国のすべての選手が、怪我なく新しいシーズンに望めるよう、祈りたいものです。

うーん、またWBCネタで書き込みしてしまった。ごめんなさい。

なんだか、、嬉しかったんで・・・つい。。  by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved