0025 0010
0025 0008
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-07-15

タイトル いよいよ解散総選挙になりそうですね。しかし・・・

内容 先日の総理の衆院議員解散日程発表により、いよいよ解散総選挙が迫ってきているようです。

ここではもっと砕けた投稿を・・と考えてはいるのですが、昨今の情勢を見るとどうしても書きたくなってしまうのが小生の性のようでして。
小生の勝手な言い分が大半ですので、お気に召さない方はどうかスルー頂く事でご容赦下さい。

現政権のあそう総理は同時に与党自民党の総裁を兼任されている事は周知のことですが、総裁としてリーダーシップが発揮出来ていない(そう見えます)ことと、ここに至ってまでまだ首のすげ替えで選挙が勝てると思い込んでいる議員さん方の他人任せ意識には、ただただあきれるばかりですね。
都議会議員選挙での敗北の意味が解っているのか疑問に思えてならないのです。

多分、いわゆる小泉チルドレンとか言われている若手(当選回数が少ない方であって決して年齢ではありません)の先生方にとっては、在任期間中に大したお仕事をしていない方々を中心に2匹目のドジョウを待っているのかもしれません。
まあ、そんなアホな方はいないとは思いたいですが、人を頼ってないで、自分自身の政治家としての理念や政策をもっと訴えるべきではないのでしょうか?
更に、あそう総裁や政党幹部の役目は、そうした政策の論争の場を少しでも多く我々の前に提示できるような雰囲気を党内に作り出すのが責任と義務なのではないでしょうか?

小生の勝手な考えでは、今度の選挙で与党が勝つ(議席を伸ばす)事は100%あり得ない訳ですから、どのラインまでで議席減を食い止められるか、言い換えれば負けをどこまでで食い止められるかの戦いだと思う訳です。

その為には、総理総裁として最後の責任は自らが取ること(総裁辞任)を明確にして、目標議席は単独過半数の維持なのか、連立政権としての過半数維持なのかを明言し、全党一丸となって政策を国民の前にマニフェストとして提示し、経済や外交全てにおいて対立党派に対して論戦を挑んでいけばよいのです。今こそあそう総理は「俺について来い!」って言わなきゃならない時なのでは?

いつまでも党内の雑音に聞き耳を立てているのではなく、もう自分の確固たる信念に基づいた発言をすればいいと思うのですが。(総理様にその信念があればですが)いくら漢字が読めなくても、多少発言がふらふらしても最後にはシャキッとした姿と本来得意なはずの経済や外交の知識を前面に出して国民に訴えれば、地すべり的な大敗北が、かなりの議席減に変わる・・・かもしれないのですよ。そうでなければ以前にも書きましたが、今回の選挙で200人を大きく割る(小生の最悪予想は150~160人)議席しか確保できないかもしれませんね。この国をあんたたちはどうしたいのか?を、知りたいのですよ、我々国民は。

自民党をこんな政党に誰がした?
はい、国民です。あそう。。てか。。   by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved