0020 0037
0009 0024
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-07-16

タイトル 総選挙ネタ第二弾!野党が有利のようです。が、しかし・・・

内容 さて先日に引き続き、懲りもせず総選挙ネタ第二弾といきますか。

改めて申し上げておきますが本投稿は小生の勝手な思考に基づくものでありますので、お気に召さない方はあくまでスルーして下さいませ。

前回はこれが政権与党かと疑いたくなるような断末魔の様相を呈し始めてきた与党についてかなり手厳しい書き込みをさせて頂きました。
不公平・・と言いますか誤解を招かない為に、野党についても敢えて書かせて頂こうと思います。

良くも悪くも長期にわたり国政を預かってきた現与党に比べ、今回の選挙で一気に政権奪取をもくろんでいらっしゃる民主党さんにとりましては、現在の自民党さんの状況は棚からぼた餅の様な雰囲気かもしれませんね。
民主党さんのおっしゃってる事は、国民にとってはかなり期待の持てる内容のように思えます。
消費税は最低でも4年間は上げない、高速道路の完全無料化、年金完全支給、地方分権、官僚機構の打破、子育て支援、医療制度改革・・・などなど、現在の党首様が様々な政策の実現を声高らかに申されております。

しかし、民主党のはとやま党首様によればそれらの政策実現の具体的根拠の基は、なんと「友愛」「愛」の精神なんだそうです。
少なくとも小生が一般的なマスコミの報道や党のHPを見る限り上記の、とっても美味しそうな政策実現の為の具体的原資(お金)がどこから出てくるのかは理解に苦しむのです。(小生は頭が悪いのかも知れません)
しかも、党首自らはそうした具体的な政策実現の為の手法・手段・根拠はあまり示されてはいないような気がするのです。

現在の国民の皆さんの多くが、マスコミのいい加減な支持率だの面白半分な与党叩きの報道に目先を惑わされて、双方の本当の政策についての判断を忘れているのではないでしょうか?
政権与党も今だマニフェストすら何時公表できるかわからない状況なのですからなおさらでしょう。

内政に付いてだけだけではなく、特に外交や防衛、憲法問題などについては、民主党の考えている事は、下手をすれば国を滅ぼしかねないようなお話しを見聞きするのですが。。大丈夫なんでしょうか?

今の状況では自民党も民主党もなにを考えてるのかようわからん。
と、いうのが小生の本音なのですが、与党以上に不安を覚えざるを得ないのが民主党・・・というよりはとやま党首なんですねー。
(民主党にもまっとうなお話をされる方はいらっしゃいますよ。ただし、テレビばかりに出て人気取りに走っているようなH口氏やN妻氏などは絶対に信用できませんが。もちろん自民党のH山弟氏やN川氏やM元総理なんかも同じです)

今回もかなり硬くて危ない発言が多くなってしまい申し訳ありません。
そこで最後にYOUTUBEにて少々面白い料理番組?を見つけましたので、はとやま様によかったら見て頂こうと思い、ご紹介させて頂こうと思います。
みなさんもよろしければご一見あれ。
今後の料理の参考になる・・かも。



※管理者にて動画が削除されていた場合はご容赦ください。

今回の書き込みもかなーり刺激が強かったかもしれませんな。

なんてったって前回も今回も実名モロじゃん。
ええんかいの?はとぽっぽーーー!   by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved