0027 0034
0024 0015
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-08-25

タイトル それが第一声ですか? 各務原:居酒屋:食事処:味波

内容 昨夜の出来事なんですが、ちょっと腹が立った出来事があったので投稿します。

会社の近くに居酒屋さんがあります。
昼間は、ランチメニューをやってます。
今まで夜に何回か行った事はありますが、基本的にボリューム満点だし、美味しいし私のお気に入りのお店です。

お客様とランチを取りながら打ち合わせをする予定が入ったので、電話をして、座敷の予約しようと思いましたが、何回電話をしても繋がりません。
どうしても予約を取る必要があったので、夜に現地に行く事にしました。

「何でわざわざ現地まで来なきゃ~いかんのや」と思いながら、定員と交した会話が チョ~ムカつく!

定員 : いらっしゃいませ。

: すいません。こちらの電話番号ってこの番号でよかったですか?

定員 : はい。その番号で間違いありませんが~
(ちょっと無愛想気味)

: 座敷の予約を取ろうと何回も電話したんですが、誰も出なかったんですが・・・

定員 : 忙しかったんです。
(この一言のみ)

: は~?練

すいません。とか、ごめんなさい。の一言が真っ先に出る言葉じゃないの?
第一声が言い訳や自分の都合かよ!


飲食に限らずサービス業に携わっているみなさん。
こんな対応では、お客はドン引きですよ。

せっかく、美味しくてボリューム満点の良いお店と思っていたのに、一人の定員の対応がそのお店の対応となる訳ですから、本当に残念な出来事でした。




Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved