0001 0008
0016 0024
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-10-06

タイトル フジテレビのドラマ「誰かが嘘をついている」を見てしまいました。

内容 そんな気は無かったのに、フジテレビのドラマ「誰かが嘘をついている」を見てしまいました。

偶然チャンネルを合せると、水谷豊さんが出演していたのでまた刑事モノか探偵モノだろうと見始めたのですが。。
しかし、そのドラマは身に覚えがない痴漢の罪に問われた会社員が裁判で無実を訴えるという、娯楽主義の小生には不向きなはずでした。
まあ途中でチャンネル変えればいいやと思いながら見始めたのですが、結局最後まで見る羽目になって。(いつもこのパターンですな)

電車の中で痴漢にあった女子高生が、水谷さん演ずる会社員を犯人として駅員に突き出されてしまいます。その後罪を認めず、裁判に踏み切り、職場も辞め家族に大きな負担をかけながらも裁判を続けていくことになります。
一審では有罪判決を受け、執行猶予が付いたにもかかわらず、敢えて控訴し再び裁判で争ったところ、偶然にも運良く別の犯罪者の隠し撮りしたビデオに写っていた画像が証拠となり無罪を勝ち取るという、最後はいかにもフィクションドラマらしいあり得ない形の終り方でしたね。

ドラマの構成はともかく、宮崎美子さん扮する奥さんや、息子(手越祐也さん)や娘(谷村美月さん)という家族の苦悩がいたたまれない気持ちになりました。
友人の弁護士(モト冬樹さん)や、ともに公判を戦った担当弁護士(平田満さん)が主人公に告げる裁判に関する費用や、痴漢に関する裁判の被告側の不利さなどはかなり切実な内容でした。まあ、友人に弁護士がいる人がそうたくさんいるとは思えないのですが。。

以前映画にもなっていたようですが、こうした冤罪の中でも痴漢の場合、公然わいせつ罪として、99.9%有罪になるようですね。
ですから実際にやっていなくても、公にしたくない為に罪を認めて示談にするケースが非常に多いと聞いたことがあります。被害者の方が気の毒な事は当然なのですが、痴漢をした当人はまんまと逃げおおせて、関係の無い人とその家族の人生が大きく変わるとしたら、ちょっと納得できない気がしました。

このドラマでも最後に主人公の無罪が言い渡されてそこで終わるのですが、裁判は終わっても被害者の女子高生の痴漢に対しては何にも解決していないんですよね。まあ、彼女が勘違いせず、真犯人の手をしっかりと捕まえていれば・・・これは無理な話ですかね。

小生も東京時代に朝の山手線に恐ろしいほどのぎゅうぎゅう詰めの電車に乗ったことがありますが、こちらにその気が無くても身動き取れない為に、やむを得ず?回りのお姉さんや、お嬢さんや、おばちゃんまで・・・触らされた?経験がございます。はい。
ああ、捕まらなくてよかったあ。

皆さんも、やむを得ず満員電車に乗る際は、必ず両手はつり革につかまって乗った方がよろしいですよ。
ただし、くれぐれもスリにはご用心ですけど。
見に覚えの無いことで、人から後ろ指指されることだけは勘弁して欲しいですよね。

そういえば、以前ここで小生がコメントした事がとあるお方の奥様の目に留まり、ご主人に大変なご迷惑をおかけしたとお聞きしました。
その奥様にとって、決して根も葉もないことを書いたのではなく、あくまでも真実を書いたのですが・・・。

ご主人である○○さん、小生が正直なばかりにご迷惑をおかけして・・・
ごめんね、ごめんねー。
って、U字工事かっ!    by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved