0007 0027
0047 0047
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-11-01

タイトル 本当に民主党に任せていいと思っていますか?

内容 散々先延ばしにした臨時国会が開幕し、鳩サブレ総理のまるでお寺で聞く法話のようなながーいながーい眠くなるような、民主党の言う所信表明も終わり、代表質問が行われました。

期待通りと言うべきか予想通りと言うべきか、総理の“お話”には政策に対する戦略・戦術は一切なく、ただひたすら国家国民を“友愛”することに終始しておりました。
情けないかな、対する谷垣自民党総裁をはじめとする質問者においても、追求し正す術が的外れで、鳩サブレ総理の詭弁にまんまと逃げられた格好になりました。

ただし、谷垣総裁の質疑冒頭に天皇即位20周年に対するお祝いの言葉があったのは嬉しかったですね。なんせ、民主党内には旧社会党をはじめとする売国議員が多数いるために、鳩サブレ総理が自らは言いたくとも言えないお家の事情があるようですからね。(国民の祝日法案も廃案になったようで。笑)

しかし、総理のあの答弁は信じられませんでしたね。谷垣氏が、所信に具体的政策やビジョンがないことを質問した際に、「あなたがたにいわれたくはない・・」って。
バカとしか言いようがありません。
国会の場での代表質問に対して、こんな発言で切り抜けようとすることは一国の総理として恥を知るべきです。いかに自分に自信がないか、具体性がないかを如実にあらわしています。
どっかの町工場の話をしてみたり、お寺の和尚さんの話してみたり、なに言ってるのか訳の解らない所信表明に対して、質問する方もそりゃ困ったでしょうなあ。大笑。

議事堂内の300人の民主議員も中身のない演説や答弁に大喝采の拍手って・・・ありゃあ一体何処の国?なんて思ったのは小生だけでしょうか。

これが自民党政権の場合なら、マスコミはほおっておかないでしょうが、御ひいきの民主党にはさすがに文句も言えないようですね。
来週からの予算委員会ではもう少しまともな論戦が見たいものです。

自民党ももっとまともな質問者を出して、民主党が隠している危険な思想を国民の前にさらけ出すような質問をしてくださいね。
マニフェスト第一主義の民主党に対し、そのマニフェストに書いていない売国思想・売国法案をどうするつもりなのかを、具体的に質問できる真性保守の質問者を出してください。

嘘だらけの民主党に対して、マスコミはもちろん、ワイドショーの大半や古舘伊知郎をはじめ小倉智昭や鳥越俊太郎など、中立をうたうべき立場にありながら、姑息に民主党支援の立場を標榜し国民を欺くキャスターもどきの連中は、必死に民主党政権の危険さを隠し続けるのでしょうが、自民党には本来の保守本道の精神で国家を守ることに精進していただきたいものです。(ただし、今の自民党議員の半数はそうでもない輩なのですが・・・)

民主党も鳩山・小沢・菅・岡田・・・あたりがいなくなって、もう少しまともなお方が内閣を作れば少しはよくなると思うのですが、それは無理かな。
いっそのこと、民主党東京都議の土屋敬之さんなんかが総理大臣になればいいのに。。それは無理か。
(土屋さん頑張れ!・・・個人的に応援中・・・興味ある方は‘土屋敬之’で検索を!)

ところで、なんやらまたまたたばこ税の話が聞こえてきましたぞ。
ほぼ1年前に自民政権に対してここでぼやいたことをそのままもう一度言わなきゃいかんようで。(2008-11-27 投稿済み)
おまけに今回は1本に付き10円とかの話も。。
ということは今300円のKENT 1が500円?

おいおい、ほんとにおこるで!ゴホン。
増税しないはずの、ゴホン、民主党さんよ。また弱いものいじめするんかい!ゴホン、ゴホン。

ほんとうに・・・この政府は・・・どげんかせんといかん!! 

ああ、また胸が痛くなってきた。。涙   by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved