0005 0045
0047 0035
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-11-09

タイトル 最近の投稿が過激に過ぎるとのご指摘を頂きました。。

内容 とある方より小生の投稿が最近特に過激になってきたのではないか?とのご指摘をいただきました。
まあ、確かに以前よりは過激・・・と言いますか、より本音を書かせて頂くようになったことは否めませんね。

人間と言うのは身勝手な生き物でして、期待が大きいほどその期待を裏切られた時に反動が強くなるものなのです。
少し前までは小生も現在の政権与党にかなり期待していたものです。ポッポ党首はさておき、現幹事長の小沢氏の著書を読んだ時であるとか、昨年の福田内閣時の大連合構想時などのときは、更なる政界再編の仕掛け人として大いに期待したものでした。しかし、その後氏の政治思想や政治資金問題に関する無責任さ(お金に関しては昔からですが)が明るみに出るに従い、この人は日本をどうしたいのかが見えない・・・というか、日本を社会主義系国家(共産主義に近いかな)へ引きずり込もうとしているように思えて仕方がなくなってきたのです。

自民党の不甲斐なさはもちろんですが、それ以上に民主党の危険性の方が怖い気がしてならないのです。度々ここでも書かせて頂いていますが、民主党はマニフェスト選挙と言いながら、政権を取った途端にマニフェストに書いてないような定住外国人の地方参政権法案を今国会に提出しようとしたり、平成の治安維持法と言われる人権擁護法案を提出しようとしています。
また、夫婦別姓・戸籍法改正などという、福島瑞穂に踊らされた、日本の家族社会を崩壊させる法案まで通そうとしているのです。
日教組の言うままになり、教育基本法まで再改正し、国家・国旗を学校行事から排除し、日本の過去の歴史の真実まで書き換えようとしています。
東アジア共同体などという詭弁に満ちた構想の裏は、中国との連合体制(従属関係)を目指していることに他なりません。要するに、近い将来中華人民共和国日本省・・・にするのが目的なのでしょう。そうなれば、お国を批判したりすると人権擁護法案に違反となり、強制収容所か牢獄に収監され、最後は死刑にされるのです。
そう、既に中国ではウィグル族の多くの罪亡き人たちが、お国に文句を言っただけで実際に死刑になっています。

こんな国と本気で共同体を構築しようと考える政治家がいるとは信じられませんね。すでに中国・朝鮮系の国会議員が日本にも数多く潜入?しているわけですから、余程注意しないと本当に乗っ取られてしまいます。
少なくとも民主党にはその可能性が高い人達が数多く当選してしまった・・・当選させてしまった・・・と言うことなのです。

国を滅ぼす悪法を成立させる前に、せめてスパイ防止法を先に成立させたらどうなんだよ!って、思いませんか?
日本国内には中・韓・朝のスパイがどれだけ入り込んでいるか・・・。などといろいろ考えますと、どうしても今の政権は信用出来ないことが多すぎるのです。

多くのマスコミやメディアはあちら系(大陸系)の資本が入り込み、公平な報道がなされているとは思えません。
日本国民は自らの目で、本当の政治を見極めていくことが大切だと思うわけです。民主党政治のいい所は評価したいとは思うのですが、残念ながら今のところポッポ総理に主義主張は見当たりません。(友愛なんて国家を語る言葉ではありません。笑)

オバマさんも仕方なしに1泊2日で滞在してくれるようですが、メインは中国で2泊3日だそうですね。要するに、日本で時差ぼけ解消してから中国へ行くんですよね。。大笑。

普天間基地問題は今回のオバマ訪日のメインではない・・・って、ポッポ総理言ってます。

んなら何しに来るんじゃい!!!

ああ、またこんなに危ない書き込みしてしまったあ。。   by  ゴースト

<追伸>
そういえばいつも最後しか読まないっていう噂の某氏の奥さん!
相変わらず呼んでくれていないそうじゃありませんか。
こういう固いネタもたまにはちゃんと読まなあかんて!
えーか!!  ウェル亀。。ってか。



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved