0007 0005
0033 0022
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2009-12-23

タイトル 天皇陛下のお誕生日を心からお祝い申し上げます。

内容 今日は天皇陛下の76歳のお誕生日です。
心からお祝いを申し上げたいと思います。

小生が何故今、この場で敢えてこの話題を取り上げたかは良識ある日本人の皆さんにはお解かりであろうと思います。残念ながら、我が国の国会議員のばか者どもの中に天皇陛下に関する認識を全く理解出来ていない輩がいるのです。

それも、現在の政権を担っている民主党が天皇陛下及び日本の権威をおとしめようとし、実際にその暴挙に出たことが問題なのです。
日本国憲法の第一条に何が書いてあるかはご存知ですね。

第一条【天皇の地位・国民主権】
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

とあります。天皇陛下は我が日本国の象徴なのです。
小沢某(なにがし)は、その日本人の象徴たる天皇陛下の権威を貶めたと言っていいのです。しかも国家の為ではなく、たかが民主党という一政党の私利私欲のために日本人の心のよりどころである天皇陛下を、正に政治利用したのです。

小沢が記者会見で偉そうにのたまわった「天皇の国事行為だから問題ない。そんなことも知らないのか!」と言う発言に対し、居並ぶ記者の中に誰一人として言い返せない姿も情けなかった。

小沢よ、憲法第七条【天皇の国事行為】に明記してある10項目の中の何処に、お前のやった中国のNO.6ごときの天皇陛下面会が国事行為であると書いてあるんじゃい!!
憲法を何も知らないのはお前だ!!

そんな国賊にヘイコラ付いて行ってプリクラよりも短い時間で胡錦濤に記念撮影して貰って喜んでいる民主党のド素人議員百数十名も日本にとって恥知らず以外の何者でもない。
あれこそ正に朝貢外交そのものです。

民主党とは小沢“書記長”による一党独裁政党であり、行政より党が上にある組織であることを日本人は良く分かったのではないでしょうか?
これこそ正に社会主義政党なのです。

小沢は来年1月の通常国会では外国人参政権を成立させると言う約束を、なんと、韓国で約束までしてきたのです。
日本国民に説明すらしないうちに、韓国に約束すると言う事は何を意味するか。これこそ売国奴の考え方なのです。
こんな法律がまかり通れば、対馬であるとか、沖縄であるとかは遠からず中国や韓国の国籍を持った人間に乗っ取られるでしょう。
参政権が欲しければ日本国籍を取得し、日本人になればいいのです。中国は沖縄に総領事館を出したいと言っているそうですね。これも小沢がいれば実現は近いでしょう。

中国が日本を対等な国家と思っていると信じている人が一般国民にどれだけいるでしょうか?
彼らは今現在でも多くのチベットの人々を弾圧し、何千人と言う人々を殺戮しているのです。中国が行って来たウィグル族やチベット族に対する同化政策と同様に、遠からず我が国へも何千万人という漢民族が流入し、“中華人民共和国日本省”となる日が現実のものになるかも知れないのです。

今回の民主党が行った天皇の権威と日本人の誇りをおとしめた行為は、断じて許してはいけないことなのです。
小沢“書記長”を中心とした民主党政権が日本の天皇家と国家・国民をこれ以上愚弄することが無いよう、国民自身が良識ある見識を持たれる事を切に望みたいと思います。

常に国民を大切にし、国の大小にかかわらず平等に接遇してこられた天皇陛下がおられるからこそ、天皇は日本国の象徴なのであり、2000年の間脈々と引き継がれてきた、世界に比類なき皇室を保持することに大いなる意義があると思うのです。

小生は右翼ではありません。しかし、今年ばかりは「天皇陛下のお誕生日を心からお祝い申し上げます」と、敢えて申し上げたいと感じた次第です。

今回はかなり過激に書きました。万一不都合があれば削除されることも覚悟の上で投稿致しました。

最後まで真面目で・・すいません。。   by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved