0048 0030
0024 0029
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2010-05-14

タイトル 許されざる者・・・

内容 1ヶ月のご無沙汰でした。
自分の方の投稿が忙しくて・・・と言う訳では無かったのですが、その内に書こう、と思っているうちにこんなに日を置くことになってしまいました。

お決まりの政治ネタには事欠かない毎日ですが、あまりにネタが多すぎてなんだか馬鹿らしくなった気がしてました。しかし、現在の政府のあまりの情けなさに、久しぶりにぼやく事に致しました。

今、多くの国民の関心ごとと言えば普天間の米軍基地移設問題でしょう。
米国海兵隊の抑止力すら知らないのに、“最低でも県外”と沖縄県民をはじめ多くの国民を騙して昨年の総選挙で不当に議席を獲得し、更には基地問題を昨年12月を今年3月末に、そして更には5月末へと先送りし、そうした時間稼ぎの間に多少の“学習”をしたお陰で最近になってどうにか抑止力が理解できたらしいのです。

挙句の果てに県内から県内への移設(それも辺野古案)しか方法がないから理解して欲しいなどと言い始めました。
おまけに馬鹿な官房長官が九州の自衛隊の各基地に回り持ちで海兵隊の訓練を受け入れて欲しいなどという思い付きとしか言いようのない愚行まで本気でやり始めました。

世界に誇る?日本の馬鹿政府が日本の国防・安全保障に関して無知・無策な痴態を晒している間に、台湾海峡には中国の潜水艦が入り放題であり、自衛隊の艦船にヘリコプターがつばをかけにまでやって来る始末。
そして国民が知らない間に鳩山はあの鈴木宗雄をロシアに行かせて何か足元を見られるような外交の根回しをしようとしている。

国会の質疑を見ていてもイオンの回し者である外務大臣や、都合が悪くなれば恫喝するしか能が無い千石爺などは無責任な売国発言をのうのうとしている。

無意味な子供手当ては既に財源不足で来年度には減額せざるを得ない。
宮崎の口蹄疫問題では、恥さらしの赤松脳薄い大臣(農水大臣だったか?)は、肝心な時に海外へ出かけて行って何も手を打てず、8万頭近い牛や豚を殺させてしまった。
しかも宮崎まで行って現場を見ようともしない。
死んだ牛の損害は国が補償すればいい・・・だと?
苦労して育てた牛を殺さねばならない酪農家の苦渋の決断をどう考えてるのか。

事業仕分けもいいが、どうせなら現在の内閣の事業仕分けでもしてみたらどうだ?蓮舫さん。。

国家公務員の総人件費を2割削減すると言いながら、昨年の自民・公明・民主3党合意案を反故にし、連合に気を遣って人件費も人員も削減しない法案を強行採決する暴挙をしでかす。

それ以外にも暫定税率撤廃のはずが据え置き。高速道路完全無料化も嘘ばっかり。。
数え上げたらきりが無いほどの嘘だらけの政権であり政党ですね。

しかも、これから短期間の間に、まだまだたくさんの悪法を強行採決してきそうな気配なのです。

参議院選挙での議席数獲得しか眼中に無い小沢書記長の意向に乗っかった金メダリストまで現れる始末。
彼女はロンドンでも“金”を目指すんだそうな。
普天間問題すら記者会見で答えられない馬鹿女に1票入れる国民が本当に居るのでしょうか?

きっと彼女は“ロンドンでは金(きん)、永田町でも金(かね)”を目指すのでしょうね。

民主党も本気で政治を考えるのならば、社民党などとは真っ先に手を切るはずでしょう。日本の事など少しも考えていない“あちらの国の代弁者、趙春花党首(内閣府特命担当大臣)が日本の国家・国旗に敬意を払う事は決してないのです。

今、日本は崩壊に向かっているような気がします。
現在の日本の国を本気で再生しようとする真の政治家が一人でも多く存在している事を願わずにはいられません。

少なくとも、現在の我が国の内閣は、外交・防衛・経済・福祉あらゆる分野で国を滅ぼそうとしているようにしか見えません。

そして彼らに絶大な権力を与えてしまった多くの国民こそ、、、、

本当に許されざる者・・・
であると思うのですが、いかがですか?

久しぶりに書いたので・・・随分と過激になったかな? 
まあ、、、いいか。。。 by  ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved