0023 0009
0020 0005
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2010-11-13

タイトル 今、日本が本当に危ない!

内容 今更ながらではありますが、中国船衝突ビデオを公表した海上保安管に対して、心から敬意を評したいと思います。

妻子がありながら国家と職責に対する誇りを掛けた勇気ある行動だと多くの日本国民とともに拍手を送りたいと思います。

どこかの国の政府のバカな売国官房長官は、“多くの国民はこの海保職員を法によって厳しく罰する事を望んでいる”などと健忘症どころかまるでアル○ハイマ○のような発言を繰り返しています。(不謹慎な発言かも知れないが)

日本の領海を侵犯し更には海保の巡視船に対し2度も故意に体当たりを繰り返した“漁船に乗った中国工作員”に対して、法律に準じた手続きもなく釈放し、その責任を全て検察に押し付けた菅内閣。
にも係わらず、国民に知らすべきと考え、法律で裁かれる事も覚悟の上で自らの生命を掛けてビデオを公表した海保職員を、さも国家を裏切った極悪人の如く裁こうとしている。

そしてその責任をまたしても政府が取ることなく、海上保安庁長官や海保の組織に負わせようとしています。

当初は中国船長は起訴される方向で進んでいたのですから、馬渕国交大臣が極秘扱い指示を出すまでの1ヶ月以上の間は海保内で自由にビデをが見られて当たり前なのです。命がけで日本を守ろうとしている海保の職員が、こうしたビデオを多くの職員が共有して日頃の巡視活動に生かそうとするのは至極当然の職務なのです。

以前、能登沖での北朝鮮工作船からの銃撃事件で威嚇射撃した衝撃的なビデオでさえ国民に公表されたにも係わらず、今回の事件が公表されない事事態が不可思議であり、理不尽なのです。


衝突事件後民主党の細野豪志前幹事長代理の訪中を記憶されているでしょうか?
あの際に、細野が中国でどんな話をしたのか?
そしてその結果仙石官房長官が中国とどんな約束をしたのか・・・もう、お解かりでしょう。

レアアースの輸出停止やフジタ社員の人質などの圧力に屈した仙石が、中国に対し
「衝突事件のビデオ映像を公開しない」
「仲井真弘多(沖縄県)知事の尖閣諸島視察を中止する」
の2点を約束したのです。

<毎日新聞 2010年11月8日 東京朝刊>

日本が中国なんぞに依存する限り、これからも益々彼らは付け上がり多くの先輩が作り上げた優れた日本の技術だけでなく、先祖から守り続けてきた大切な国家・国土まで強奪されてしまうのです。

竹島や北方領土を不法に占拠する韓国やロシア以上に東アジア全体の海域にある国家に対して、不法に領土拡張政策を繰り広げる中国を放置しておく事は、50年後の日本の国土を大きく変えることになると危惧します。

その中国の手先として我が日本の国土を譲り渡そうとする悪の手先が、現在の日本国政府そのものであることを日本国民は気付かなければならないと思うのですが・・・。

中国から見ると、尖閣諸島どころか沖縄列島、更には日本列島そのものがもともと中国のものだったと言っているのですよ。なぜならば、日本列島や日本近海の地底には、未来の有力資源メタンハイドレートが世界有数の埋蔵量を誇っているからです。
日本は将来、資源を買う国から資源を供給する国になるかも知れないのです。

残念ながら、尖閣沖の海底油田もメタンハイドレートもその試掘さえ行われてはいません。これは自民党政権時代にも大きな責任があります。
そして、竹島を放置して韓国にみすみす不法占拠されたり、尖閣諸島や八重山列島海域に自衛隊基地を置かなかった事も過去の政府の重大な責任だと思います。

今回の海保のビデオ公表は国民に大きな意識改革のきっかけとなって欲しいと思います。

そしてビデオは44分だけではありません!
3隻の巡視船から撮影されたビデオは10時間以上にも上ると言われています。政府が隠蔽することなく全てを国民の目に触れさせることが、今最も大切な事なのです。

仙石官房長官が何をそんなに隠そうとしているのか?
そう思わざるを得ない自然な国民感情を抑える為にも、ビデオの全面公開は絶対に実現せねばならないと思います。

そうすれば・・・
海保職員が中国船に乗り込んだ際、機関銃を構えた中国人に3人の海保が海に突き落とされ、更には海に落ちた海保職員を銛(モリ)で突いた。。。とか、

海に落ちた海保職員を船で追いかけエンジンに巻き込もうとした。。とか、

その際1名が殉職し、1名は重症を負った・・・

などと言うまことしやかな“うわさ”が公に囁かれることもないのでは無いでしょうか?


左だとか右よりだとか関係なく、平和な期間が長すぎた日本国民が、“我が国周辺には危ない国しかない”ことを自覚し、本気で“国を守る”ことを考える時が来ている事に気付いて欲しいと思います。

それは憲法改正かもしれません。(国防軍創設・集団的自衛権の行使など)
そしてスパイ防止法施行かもしれません。
少なくとも、外国人地方参政権付与や人権擁護法案などはもってのほかでしよう!(民主党が中国や韓国の為に成立させようとしているのがこの法律です)

今、日本の近隣で本当に信頼して手を結べる国は何処がありますか?
ロシアですか?韓国ですか?中国ですか?
それとも・・・北朝鮮ですか?

ほーら、、、日本は決して安心している場合ではないのですよ。。日本国民の皆さん!!

今、日本は本当に危ないのです・・・。
by    songokuu38     って・・・これ誰???



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved