0010 0047
0033 0028
映画・DVD・映画データの情報・管理に便利なWebアプリは「Web_Movie」

ここに書かれている記事は、管理人の個人的主観による記事が掲載されています。
極力、表示表現には気を使っていますが、ホームページ上での表現として
ふさわしくない表現などありましたら、管理人までお知らせください。
また、左記のジャケットをクリックされると「HOME」のページに戻ります。


掲載日 2008-12-18

タイトル 引いたのは風邪?それともインフルエンザにかかったの?辛かった数日。

内容 今年もまたやってしまいました。そう、風邪を引いたのです。というか人に言わせるとそれはインフルエンザだと。。
風邪とインフルエンザってどう違うのかあまり考えたことはないのですが。自宅で安静にして、ただひたすら回復を待っている間に、その違いを考えていました。(他に考えることないんかい!)

調べたところ、風邪もインフルエンザもウイルスによるものらしく、特にインフルエンザウイルスは症状が重く、呼吸器症状に加え高熱と全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、頭痛など全身症状を呈し、しかも重症化しやすいとのこと。
さらに、一人が罹患すると瞬く間にその周辺にも広がり、大流行となりやすい。症状が重いことから社会に及ぼす影響力も大きく、明らかに風邪とは一線を引いて考えるべきなのだそうです。

ということは、さんざんのどの痛みと、腹痛・下痢に悩まされた小生の症状は、まさにインフルエンザだったということなのでしょうか。
予防接種などはもう数十年といか、中学生以来受けたことはなく、数年前まではそれほど重症な風邪には縁がなかったことを考えると、これも年齢からくる免疫力の低下も一因なのかもしれません。日頃の運動不足や偏った食生活・・・いろんなことが原因なのでしょう。が、この生活体質を改める意思はなさそうで。。

 おかげでここの投稿も随分と久方ぶりとなり、なにより残念なのは友人と約束していた忘年会に出席することができず、小生からの延期の切なる願いも却下されたことであります。(友人がこの投稿を読まないことを祈ります)
みなさんは小生の二の舞にならぬよう、決して風邪を侮る事の無いよう、日頃の健康管理には十分に注意を払って下さいね。

 新年会には誘って貰えることを祈って、懺悔。      by ゴースト



Copyright (C) 2007 .Jopro WebMovie All Rights Reserved